中古携帯の処分を考える

subpage01

携帯電話は短期間に買い換えている人も多いですが、使わなくなった中古携帯の処分についても考えていきたいところです。



携帯電話はいつでも最新の機種を持ちたいと考えている人もあれば、メールや通話などの最低限の機能で良いと考える人もありますし、今はプライベート用、仕事用、セカンドビジネス用などひとりで複数の携帯電話を持つ人も少なくはなく、2台目、3台目は中古で良いと考える人も多く、中古携帯も需要が多くなっています。



今持っている中古携帯を今後も使う予定がないという場合は携帯の買取サービスを利用するのもおすすめです。中古携帯でも、状態の良いもの、人気の高い機種は意外と良い価格がつくこともありますので、一度査定してもらうと良いでしょう。

この場合もやはり新しい機種のほうが良い買取価格になりますので、手放すのであればできるだけ早く手放すことがおすすめです。



高価な機種でも年式が古くなるとそれだけ価値が下がってしまうこととなります。中古携帯の買取方法は近くに買取店があれば、まずは無料査定を利用してみると良いでしょう。
金額に納得ができればその場で買取が成立し、すぐに現金を受け取ることもできます。


さらに、宅配買取も便利で、近くに買取店がない場合にも対応することができます。



このときは携帯電話本体だけではなく、できるだけ付属品は揃えておくことがおすすめです。



新品の状態に近ければ、より高額査定を期待することができますので、まずは本体をきれいにし、付属品が残っていればできるだけ揃えておきましょう。
中古携帯の需要はどんどん高まっています。携帯電話の購入がほとんど2年間の分割払いになって、分割払いの途中での買い換えや故障しての買い替えが簡単には出来なくて割安の中古携帯がほしい場合が出て来ています。



また最近の流行の格安simを利用するのにも自分で携帯を用意する必要があり、安い目のsimフリースマホを買うのもいいのですが、更に安く変える可能性のある中古携帯を選択すると言うのも悪くないです。


特にsimフリー機よりも日本の事情にローカライズされているので使いやすく魅力的な面があります。



しかしこの様に人気の中古携帯をどうやって入手すればいいのでしょうか。

実は基本的にいつでも商品不足なのです。
この為に案外高く、しかもどこにでも売ってはいないのです。

またリスクもあります。

それはほとんどが分割払いで買ったものの中古なので支払いが終了していない場合の中古が多く、その場合は支払いの延滞で端末がキャリアによって遠隔操作でロックされてしまうことがあるのです。

この様なロックをされた端末を赤ロムと呼び、一度ロックされるともう解除できません。

この様なリスクを避けるのはきちんとした保障のあるお店で購入するしかありません。

赤ロム保障はかならず必要だと言えるでしょう。保障のしっかりしたお店は在庫も豊富で欲しい端末を選ぶことも出来るので、そういうお店がおすすめですが、その反面どうしても少し高めになってしまうことは確かです。



関連リンク

subpage02














中古携帯にはリスクがあります

今まで、携帯は回線の契約があればただ同然か、そうでなくてもとても安い値段で買うことができものですが、最近はそうも行かなくなってきています。今は携帯電話端末は分割払いにするのが当たり前で、普通に使っていると割引もあるので高く感じませんが、もち途中で買い換えることになったりすると本来の値段がそのまま請求されることになります。...

NEXT
subpage03














格安simにおすすめなauの中古携帯

最近話題のMVNOの格安simを利用してスマホを使いたいと考えたときに、問題になるのがスマホをどうやって買うかです。もし手持ちのスマホがあるのならそれを使うのもいいのですが、そう都合よくはありません。...

NEXT