中古携帯を買って格安simを使おう

subpage01

最近何かと話題の格安simですが、あまりに安くて何か黙っている欠点があるのではと感じてしまうほどですよね。
通信料金は何分の一にもなると言うのですから。


確かに欠点はあります。


それはまず携帯電話の入手です。一般的な携帯電話会社で契約するときは携帯電話機も同時に購入し、しかもとても安く買えるのが当たり前ですが、格安simではそうは行かないと言うことです。多くの場合いくつかのスマホを販売していますが数万円するものが普通で、ほとんどただ同然だった大手携帯電話会社のようには行きません。

また選択できるスマホも種類が少なく物足りない感じがします。
そこで買うべきは中古携帯です。

格安simの回線にはいわゆるsimフリー機でないと使えないような気がしますが、実はそうではないのです。
格安simのほとんどはドコモの回線を使っていますので、実はドコモの携帯ならそのまま使えるのです。

つまり安く済ませるのなら買うべきはドコモの中古携帯です。現在中古携帯は種類も多く入手もしやすくなっています。


新品同様の最新型から、少し型落ちの、でもまさに格安の中古携帯まで予算や好みに応じて買えます。大手携帯電話会社の中古携帯はsimフリースマホよりも日本向けに作られていて使いやすくわかりやすくなっています。また日本独自のワンセグやオサイフの機能もあり魅力的です。


しかも中古なので格安です。思い切って安くしたいのなら中古での購入が何よりおすすめです。

中古携帯は、最近では入手しやすくなりました。


最近よく耳にする「SIMフリー」の携帯電話は、中古携帯に多いようです。

今回は、中古携帯を快適に使用するためにはどんな環境がよいか紹介します。

前提として、中古携帯のみでは使用法が限られます。アプリ開発のために購入するなど、インターネットに接続しなくてもいいような目的で購入している場合を除くと、携帯電話はインターネットに接続して使用するのが基本になります。

特に最近ではスマートフォンが普及するにつれ、その傾向が強くなっています。

そこで、インターネットに接続して使用するために必要なのが、SIMカード、あるいはWi-FI環境です。


SIMカードとは、キャリア(携帯電話会社)が提供してるカードのことで、携帯電話に挿入することで通話やインターネットなどの通信機能が使えるようになります。

中古携帯では、SIMフリーのものが多く、docomo、au、softbank以外の、日本通信などといった会社が提供するSIMカードを挿入して使用することができます。料金プランも安価なものが多く、月額1000円台でスマートフォンを使用することも可能です。
もう一つの方法として、Wi-Fiを利用する方法があります。
Wi-FIとは無線LAN接続のことで、接続さえすればどこでもインターネットを使うことができるのです。


家庭用の無線LAN環境が整っていれば、それを利用することでスマートフォンを便利に使えるようになります。


また、持ち運べるWi-Fiルーターや、公共無線LANのサービスを利用することで、外出先でもインターネットを利用することが可能なのです。

















関連リンク

subpage02














中古携帯にはリスクがあります

今まで、携帯は回線の契約があればただ同然か、そうでなくてもとても安い値段で買うことができものですが、最近はそうも行かなくなってきています。今は携帯電話端末は分割払いにするのが当たり前で、普通に使っていると割引もあるので高く感じませんが、もち途中で買い換えることになったりすると本来の値段がそのまま請求されることになります。...

NEXT
subpage03














格安simにおすすめなauの中古携帯

最近話題のMVNOの格安simを利用してスマホを使いたいと考えたときに、問題になるのがスマホをどうやって買うかです。もし手持ちのスマホがあるのならそれを使うのもいいのですが、そう都合よくはありません。...

NEXT