中古携帯にはリスクがあります

subpage01

今まで、携帯は回線の契約があればただ同然か、そうでなくてもとても安い値段で買うことができものですが、最近はそうも行かなくなってきています。今は携帯電話端末は分割払いにするのが当たり前で、普通に使っていると割引もあるので高く感じませんが、もち途中で買い換えることになったりすると本来の値段がそのまま請求されることになります。

また最近話題の格安simを利用したいと思ったときに手元に利用できるスマホがなければかなり高い値段でスマホを購入しなければなりません。
そういうときに安く入手できるのが中古携帯です。

中古携帯は中古の程度や人気の有無で値段が大きく違うので、予算に応じた購入が出来ますし専門店で購入すれば保証もつきます。

しかし中古携帯には気をつけなければならないことがあります。それは分割払いの支払いが滞りロックされてしまうことがあるからです。

キャリアがロックした中古携帯を一般的に赤ロムと言いますが、そうなると既に第三者に渡っているとしても解除してくれません。こうなるともうどうすることも出来ません。


赤ロムを買ってしまったら販売店の保証を利用するしかありませんし、事前には判別できないのです。

販売店は通常赤ロムの場合返品に応じてくれます。

つまり返金です。
交換ではないところが残念ですが、今のところ仕方ありません。


こう言うことはしばしばあるようなので、赤ロムになったらどう保証してくれるか確実に聞いておきましょう。
近年中古携帯は需要が非常に高まっており、品質の高い商品も数多く出回っています。


なぜそのような状況になっているかと言うと、3大キャリアと呼ばれる携帯電話会社の通常購入におけるフィーチャーフォンやスマートフォンの新品価格が3万円〜8万円程度と高めに設定されているからであり、中古携帯は初期投資をなるべく抑えたいユーザーに利用されています。
スマートフォンの中古携帯は、通話とデータ通信が可能な1台持ちタイプとデータ通信のみとフィーチャーフォンの通話で使い分ける2台持ちタイプの利用に分かれる事がほとんどです。

両者ともにMVNOと呼ばれる通話やデータ通信が可能なsimカードを購入してスロットに差し込んだ後に契約手続きを行えば即日で利用が可能となっており、キャリアと遜色のない通話と高速データ通信を行えます。

購入場所は中古携帯を扱っているリサイクルショップや家電量販店に加え、大手オークションサイトでも個人出品者から購入可能となっています。
中古スマートフォン購入とMVNOのsimカード購入という2つの行動をするだけで毎月の携帯料金を半額以下に抑える事が可能となり、家計に占めている通信費割合の大幅削減が簡単に実現出来ます。注意点としては基本ソフト(OS)のアップデートに関しては、キャリアのsimカードを所有している人から借りて行う必要がありますので、古いOSのバージョンでネットをしている場合は注意を払わなければなりません。

格安カードプリンターの新しい魅力を紹介します。

排熱利用に関する疑問が解決できます。

低価格カードプリンタが話題になっています。

あなたに合った条件で格安のカードプリンタの分かりやすい情報はこちらです。

非破壊検査に関するアドバイスです。

http://news.jorudan.co.jp/docs/news/detail.cgi?newsid=FT135475

http://real.tsite.jp/futakotamagawa/floor/shop/cu-by-uka/

http://girlschannel.net/topics/525623/

関連リンク

subpage02














中古携帯にはリスクがあります

今まで、携帯は回線の契約があればただ同然か、そうでなくてもとても安い値段で買うことができものですが、最近はそうも行かなくなってきています。今は携帯電話端末は分割払いにするのが当たり前で、普通に使っていると割引もあるので高く感じませんが、もち途中で買い換えることになったりすると本来の値段がそのまま請求されることになります。...

NEXT
subpage03














格安simにおすすめなauの中古携帯

最近話題のMVNOの格安simを利用してスマホを使いたいと考えたときに、問題になるのがスマホをどうやって買うかです。もし手持ちのスマホがあるのならそれを使うのもいいのですが、そう都合よくはありません。...

NEXT