格安simにおすすめなauの中古携帯

subpage01

最近話題のMVNOの格安simを利用してスマホを使いたいと考えたときに、問題になるのがスマホをどうやって買うかです。
もし手持ちのスマホがあるのならそれを使うのもいいのですが、そう都合よくはありません。そうなると入手しやすいのはsimフリーのグローバルモデルですが案外種類が少なく、機能的には日本仕様のスマホに比べて違和感がある人もいるでしょう。
そこでおすすめなのが中古携帯です。
特に最近注目なのがauの中古携帯です。

何故ならMVNOで使うにはsimフリー機かドコモ携帯である必要があったのですが、2014年からau回線を利用したMVNOの格安simが出ていてauの中古携帯も利用できるようになっているのです。しかしまだ取り扱い業者が少ないためもあってドコモに比べて中古価格がかなり安いのです。
ドコモの中古スマホはかなり高い値段で取引されていてこの値段なら新品を買おうかと思うほどですが、auのものなら安いのです。


しかもドコモはメール関係が特殊ですがauは買ったままそのままの設定で使えるのも魅力です。


とにかく設定も簡単で迷うような要素も少ないのです。
またauのMVNOはあまり混雑していないと言うメリットもあります。
ただしauのMVNOはLTE回線が使える端末でないと利用できない制約があり使える端末がかなり制限されるのでその点を予めよく注意しておく必要があります。また今のところiPnoeのOS8以降が使えないと言う制約もありますので注意しましょう。格安simなどの流行で中古携帯を利用してみようと思う人が増えていると思いますが、やはり中古なので新品とは違う注意が必要です。

あまりに安易に考えていると困ったことになることがあります。

まず中古携帯ならではのトラブルで一番判りにくいのが赤ロムの問題です。

まず赤ロムとは何でしょうか。

これは何らかの事情で携帯を販売したキャリア、携帯電話会社が利用できないようにロックを欠けた携帯です。
この時にアンテナの表示が赤くなる携帯があることから赤ロムと呼ばれるようになったものです。


赤ロムは通常分割で購入された携帯の支払いが途中で止められてそれに対してキャリアがロックしたものです。

これは中古を買うときに支払いが終了してしないことが多く、突然ロックされるので、大変です。赤ロムとしてロックされると既に第三者に譲られているので解除して欲しいと申し出てもキャリアは解除してくれません。
つまりすでに支払いの終了している中古携帯でなければ必ず可能性があります。支払いが終了しているものは少ないのでほとんどは可能性があるわけです。ではどうしたらいいのでしょうか、これは中古携帯を買った業者に何とかしてもらうしかありません。

つまり赤ロム保障のある業者で買うことが必要だと言うことです。


通常は赤ロムになると返金してくれるのが一般的で、交換してくれるところはあまりありませんが、仕方がないのでせめて返金保障しているお店で買うようにしましょう。

赤外線の非破壊検査の情報を公開しています。

電子機器開発をご紹介します。

愛知のガスコンロを情報を幅広くご活用下さい。

リョービの電動工具の優良サイトならこちらで見つかります。

ビジネス視点で格安のカードプリンターの最新情報をご提供します。

https://allabout.co.jp/gm/gt/2681/

http://real.tsite.jp/futakotamagawa/floor/shop/cu-by-uka/



関連リンク

subpage02














中古携帯にはリスクがあります

今まで、携帯は回線の契約があればただ同然か、そうでなくてもとても安い値段で買うことができものですが、最近はそうも行かなくなってきています。今は携帯電話端末は分割払いにするのが当たり前で、普通に使っていると割引もあるので高く感じませんが、もち途中で買い換えることになったりすると本来の値段がそのまま請求されることになります。...

NEXT
subpage03














格安simにおすすめなauの中古携帯

最近話題のMVNOの格安simを利用してスマホを使いたいと考えたときに、問題になるのがスマホをどうやって買うかです。もし手持ちのスマホがあるのならそれを使うのもいいのですが、そう都合よくはありません。...

NEXT